トップ / 印刷時の汚れに関して

印刷時に注意すること

印刷時の汚れに関して

印刷時に注意したい汚れ 

プリンターを利用して印刷するときには、インク漏れによる汚れに注意しなければなりません。紙詰まりを起こした後や、サイズの合わない用紙に出力してしまった後など、ローラーにインクが付着していることがあります。また、厚すぎる用紙をセットして印刷時に利用してしまった時もスムーズな紙送りがされずに汚れが付きやすくなります。さらにヘッド部分にインクが付着していることもあるので、メンテナンスの時にクリーニングを行うと良いです。ローラーに付いたインクは、乾燥した柔らかい布でふき取るなどすると良いです。濡らした布で拭くときには固く絞ることが大切です。

印刷用紙の汚れについて 

プリンターの印刷用紙の送り出すローラーがプリントを繰り返す間に、紙の粉末、細かなチリ・えば紙繊維、コーティング・エージェント新聞のなどによって徐々に汚くなります。それに関連してローラーの表面の上の摩擦力は減少することもあり、紙の汚れにつながります。このケースではローラーをきれいにすることにより摩擦力は戻り、状態はよくなります。これに加えて、使用の時に以下の点に注意してください。専用の紙を使います。ほこり、また、水分としわ、それはカールしてしまい、または汚れは取れませんでした。インクジェット式プリンタは厚さ0.3mm以下の紙に向いていおり、厚み、表面の処置・弾力以外の仕様と状況に従い、給排紙は通常実行されないかもしれません。印刷時には注意しましょう。

印刷製本